期間限定で、早期割引実施中!

「どういうこと?」「意味が分からない・・・」といった悩みが解決され、 「そういうことか!」「なるほどな!」とスンナリと頭に入っていきます。 これまでの個別指導の受講者様も、この解説で合格力をつけていただきました。 それを可能にしているのが、理解しながら学習できる解説です! ここまでの解説は、ほとんどの予備校で教えていないでしょう! そして、今回、あなたがその合格力をつけるノウハウを習得する番です!

過去問15年分について理解学習を実践することで、あなたは「効率的な勉強」を「たくさん」行うことができます! 効率的な勉強を15年分行うからこそ、実力が上がるわけです。 単に問題量をこなすだけでなく、質のよい勉強法があなたを合格に導いてくれます!

※独学合格プログラムで使用する過去問集は15年分を搭載していますが、統計問題については毎年数字が変わるため、覚えても意味がありません。無駄な勉強をしないためにも搭載しておりません。統計問題については、7月以降に発売される模試などを活用すれば十分です。

1つの問題から複数のポイントを勉強できるから、効率的かつ効果的な勉強を実践できます。 関連ポイントを一緒に学習することで、体系的な学習ができ、忘れにくくなります。 覚えたけどすぐ忘れてしまう方は、関連ポイントをつなげて覚えておらず、別々に覚えようとしていることが原因です。その悩みを解決しているのが独学合格プログラムの解説です!

受講者目線での解説を取り入れることで、初めて勉強する方でも、しっかり実力をつけることができます。 これまで数百人のお客様の具体的な疑問点を伺い、回答してきた中で、受講者がつまづく部分や混乱する部分を分析してきました。だからこそ、あなたが疑問に思うことや混乱する部分を紐解く解説を作ることができたわけです。あなたの頭の中を整理して、ドンドン実力がついていく感覚を体験してください!

頭に入れてほしいことはすべてこの解説に記載しているので、あなたはこれ以上細かい内容を調べる必要がなく、無駄な時間を排除できます。たとえ、あなたが忙しくてもこれだけで勉強を進めて実力アップを図れます。基本事項から本試験レベルまで頭に入れてほしいことをモレなく解説しているので、このプログラムだけで合格力をつけることができます!

独学合格プログラムは受講専用のサイトで学習する形になります。そのため「電車を待っている時間」「電車に乗っているとき」「お風呂・トイレに入っているとき」「少し休憩をしているとき」など、5分という時間があって、スマホやパソコンがあれば、いつでもどこでも勉強できます。隙間時間を活用することで忙しいあなたにも無理なく無駄なく勉強をすることができます。


宅建に合格すれば、就職にも非常に有利です。
不動産会社では宅建の資格が必須の企業も多くあります。
そんな企業ほど給料はいいです。
つまり、宅建をとれば、就職にも有利になり、持っていない場合よりも給料は高いわけです。
少なく見積もっても手取り20万円はあるでしょう。
10万円の投資が1ヶ月で2倍になって戻ってくるわけです!
今まで宅建に費やしてお金が一気に回収できるのではないでしょうか?

宅建業者に勤めている方であれば、資格手当がつくこともあり1ヶ月で2万円が回収できることもあります。
そうすれば、5ヶ月で元がとれるわけです。
投資として考えれば利回り240%の投資対効果なわけです!

通常マンション投資を考えれば、利回り10%です。
それと比べたらどれだけ利率がいいかわかると存じます!
そりゃそうですよね!
資格を持っていれば、それだけで資格手当が入ってくるなんていいですよね!

このまま、このプログラムを使わず、また不合格でもいいんですか?

 

■実際にあった私の悲劇・・・

私は宅建試験の勉強を始めた時に、周りに宅建を取ることを伝えていました。
そのため、「落ちたら恥ずかしいな」という気持ちがあり、
何とか一発で合格したいと思って勉強していたんです。
でも、4月に過去問を解いて過去問が10点台だった時は本当に焦りました。
もし、あなたもそうだったら焦りませんか?

このままじゃ完全に合格できないですよね!?

試験が終われば周りの人に「試験どうだった?」って聞かれますよね?
あなたはどう答えますか?

「多分合格したよ!」とサラっと答えたくありませんか?
私はそうでした。

「いやー落ちたかも・・・」ていうのは恥ずかしいし、
聞いた側も、聞かなければよかった・・・ってなりますよね。

試験を受けると決めたからにはできるだけのことはしたいし後悔はしたくありませんでした 。

試験まであと少しか・・・
今からでも何とかならないかな・・・
今年合格したくありませんか?

 


「6月から勉強を始めたのに合格できませんでした。」
「2度宅建試験に落ちています。」
「効率的な勉強法が知りたいです。」
「覚えてもすぐに忘れてしまいます。」
「過去問は40点以上とれていたのですが、本試験では30点で落ちてしまいました。」

宅建の勉強で悩んでいる方からのメールは毎日といっていいほど来ます。

勉強はしているのに合格できない。

合格できないのはあなたが悪いわけではありません。

市販の教材の解説や多くの予備校や通信講座の教材の解説では、正直理解できないから合格するのは難しいです。

私自身、一発で独学で合格しましたが、正直苦難の道でした。。。。

過去問やテキストの丸暗記学習を実践したものの、記憶力が悪すぎるせいで過去問は18点か19点でした。

このままでは、落ちてしまう。。。

どうすれば、合格できるのか?

原点に立ち返って、理解学習に取り組みました。

権利関係は「弁護士・司法書士・行政書士のサイト」で調べ、
法令上の制限は「国土交通省・都道府県のサイト」
税金は「国税庁や税理士のサイト」
あれこれ調べて正直時間もかかりました。

ただ、本質を理解することで合格できました。

もし、丸暗記学習・詰込学習をしていたら、今でも合格できていないと思います。

理解できれば、だれでも合格できます。

実際、中卒で分数計算もできない、法律知識ゼロの方が7月から勉強を始めて、たった3カ月で合格しました。
この方も、レトスの理解学習を実践して一発合格しました。

理解学習を実践できれば誰でも合格できます。

次はあなたの番です!

独学合格プログラムを使って、次の試験で合格しましょう!