宅地建物取引士資格試験の「遺産分割の禁止」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「遺産分割の禁止」の学習すべき点は?

上記「予想模試」の募集終了まで あとカウントダウン

遺産分割の禁止

被相続人が遺言を残さずに死亡した場合、相続の発生によって、被相続人の遺産は相続人全員の共有状態となります。(遺産分割がなされるまで)そのため、共有状態となった遺産を各相続人に具体的に配分していく手続が必要となります。これを遺産分割といいます。

遺産分割が行われると、それまで、共有状態でしたが、相続開始時に遡って(さかのぼって)、分割のとおりに相続されます。

遺産分割の禁止

遺産分割は「遺言(いごん)」、「共同相続人の協議」、「家庭裁判所の審判」によって一定期間禁止することができます。
覚えるべきはこの期間!
この遺産分割禁止できる期間最大で5年です。
協議によっても、分割禁止の期間を5年を超えることはできません。

宅建メルマガ

関連記事
相続  /  相続の計算(法定相続分)  /   欠格と廃除  /  代襲相続  /  相続放棄と承認  /   遺産分割の禁止  /   遺言・遺贈  /  遺留分・遺留分減殺請求

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について