宅地建物取引士資格試験の「相続の計算(法定相続分)」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「法定相続分」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

相続の計算(法定相続分)

まず、考えるのは、誰が相続するのか?その後、どれだけ相続するのか?
これさえ分かれば、計算問題は解けます。

誰が相続するのか?(法定相続人)

まず、配偶者常に相続人となり、基本的には配偶者と「誰か」が相続人となります。
そして、その「誰か」に当たる者には優先順位が決められています。

第1順位は「子」です。
つまり、被相続人(死亡した者)に配偶者と子がいれば、この両者が相続人となります。

そして、子には、「養子」「胎児」「非嫡出子」も含まれます。

第2順位は「親、祖父母(直系尊属)」です。
直系尊属は第1順位である「子」がいない時にのみ、相続することができます。
もし、配偶者がいれば、配偶者とその親とかいった感じです。

第3順位は「兄弟」です。
兄弟とは、もちろん被相続人(死亡した者)の兄弟です。
このものは、被相続人に、「子」も「直系尊属」もいない場合にのみ、相続することができます。

もし、配偶者がいなければ、上記の順位で相続人が決められます。
例えば、被相続人に、配偶者はおらず、「子」と「兄弟」しかいない場合は、第1順位である「子」のみが相続人として相続するわけです。

どれだけ相続するのか?

相続人 相続分
配偶者と子 配偶者1/2 、 子1/2
配偶者と直系尊属(親) 配偶者2/3 、 直系尊属1/3
配偶者と兄弟姉妹 配偶者3/4 、 兄弟姉妹1/4

「養子」と「非嫡出子」と「嫡出子」では相続分は同じ相続分です。

例えば、被相続人が1500万円を残して、死亡し、被相続人には、配偶者と父母、被相続人の兄弟1人がいた。子は死亡しており、その子に子はいなかった。

この場合、法定相続人は配偶者と父母になります。兄弟は法定相続人となりません。
1500万円を配偶者と父母が相続した場合、
3分の2である1000万円を配偶者が相続し、
3分の1である500万円を父母が相続します。
500万円を250万円ずつ父と母が相続するということになります。

答え:配偶者1000万円、父:250万円、母250万円

宅建メルマガ

関連記事
相続  /  相続の計算(法定相続分)  /   欠格と廃除  /  代襲相続  /  相続放棄と承認  /   遺産分割の禁止  /   遺言・遺贈  /  遺留分・遺留分減殺請求

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について