宅地建物取引士資格試験の「相続」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「相続」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

相続とは

相続とは、特定の人(被相続人)が死亡した場合、その者の有する権利や義務が一定の親族関係に引き継がれることを言います。

この相続は被相続人が死亡することで開始します。そして、相続が開始すると相続人は、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します。

しかし、一身に属したもの承継されません
例えば、生活保護の受給権などです。

相続財産

相続人が数人いるときの相続財産は、その者たちの共有となります。

もし、いなければ、被相続人と生計を同じくしていた者被相続人の療養看護に努めた者、その他相続人と特別の縁故があった者特別縁故者という。)の請求により、家庭裁判所は相続の一部、又は全部を与えることができます。

上記の者がいない場合、 相続人が不存在の時に、その財産は原則として国家に帰属します。

宅建メルマガ

関連記事
相続  /  相続の計算(法定相続分)  /   欠格と廃除  /  代襲相続  /  相続放棄と承認  /   遺産分割の禁止  /   遺言・遺贈  /  遺留分・遺留分減殺請求

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について